フジロックで使える折りたたみレインブーツ、お手頃編。

このブログで何度も書いていますが、フジロックにレインブーツは必需品!
特にグリーンの前方やオレンジ、オアシスなんて、一度雨が降ると
田んぼみたいになってしまうので、トレッキングシューズでも中々キツイと思います。
(特にメレルのカメレオン、悲惨なことになっている人をよく見かけます・・・)

前回はアウトドアブランドのレインブーツを紹介しましたが、
今回は5000円以下で買えて、しかも折りたためるレインブーツを紹介します。

TODOSのレインブーツ。履き口ゴムなしタイプなので、街でも履けそうです。
ソールがしっかりしているので、フジロックみたいな山にもちゃんとおすすめできます。

 

これもゴムなし。かかとが少しあるのでスタイルアップ。
このぐらいのヒールは、フジロックで履いている人を見かけます。

 

安いです。履き口ゴムありタイプ。
基本的に、履き口ゴム有りのほうがコンパクトにたためます。

 

ドットはフェス会場にあまりいないので、目立てる!

 

野鳥の会。言うまでもなく定番です。おしゃれに見えます。

 

アマート。こちらも男女問わずの定番です。

最後に、選び方のコツを。

<筒周り>
ふくらはぎの太さが気になっている方は、履き口ゴムありがおすすめ。
よほどのぽっちゃりさんでない限り、履けると思います。
私も一時期13号サイズでしたが、コロンビアの履き口ゴム有タイプは問題なく履けてました!

<色>
あわせる服がアウトドアウェアなどカラフルなものが多いので、
黒だとフェス会場で重い感じがします。
(全身ダークトーンでまとめている方は別ですが)
ダークグリーン、ネイビー、ブラウン、カーキなどが無難におすすめ。
そのほかの色だと、レインウェアとうまくあわせてレッドやイエローを履いている人を
会場で見かけます。かわいいです。

<ソール>
岩や小石がゴツゴツしているところもあるので、ソールがしっかりしていて、
グリップ力のあるものがおすすめ。

<インソール>
基本的には入れることをおすすめ。疲労軽減に効果ありです。
私はOSHMAN’Sで購入した、トレッキング用の中敷きを入れています。2000円くらいでした。

<ヒール>
もちろんぺたんこがいいです。たまに7cmくらいのヒールがあるレインブーツの人を見かけますが、
だってフジロックは、人によっては一日の移動距離10km以上ですよ!?
グリーンでずっと座っている人、よほどヒールに慣れている人以外にはおすすめできません。
5cmぐらいでも、じわじわダメージが蓄積されると思います。

確かにレインブーツは蒸れますが、足元が雨で濡れてないって本当に幸せです。
フジロックに行かれる方、レインブーツとレインウェアをお忘れなく!

コメント