雑記

COVID-19日記(5月18日)

もう5月も後半。今作っている書籍、7月中旬には初校が出ているはずなのだが、はたしてできるのだろうか…となぜか人ごとのように考える。今回は対面での取材ができないので、ずっとビデオ会議や電話での取材。いつもと違う作り方だけどうまいことやっていきたい。

実用書籍の編集はあまり向いてないと感じるのだけど(実制作のほう。版元で企画だけする編集職は、多分まあまあ向いている)、なんとなく技術をキープ(&できれば向上)するために1年に1冊はやっておこうと思って、お声がけをいただけたときはありがたく取り組んでいる。今年の後半は、仕事どうなるのかなあ。収入大丈夫かなあ。

------------------------

自粛生活も長くなってきた。そろそろマスクやアルコールジェルなど少しずつ手に入るようになり、毎日の感染者数報告にも慣れ、危機感が薄れてきて、ちょっと買い物に行ってもいいかな?遊びに行ってもいいかな?などと考える時期だと思う。私はそう思ってる。ぶらぶらと街を歩いて、雑貨を買ったり、大きな書店を覗いたりしたい。

でも、私の住んでいる神奈川県はまだ緊急事態宣言が解けていない。ひとまず、緊急事態宣言が解けるまでは自粛していよう。そして解けても、ノーガードでバンバン出かけるのは控えて、少しずつ日常に戻っていこう。と思っている。これ以上医療機関に負担をかけないように。

-雑記

© 2020 editurn.com Powered by AFFINGER5