集中力ゼロの私でも、ポモドーロで仕事ができるようになった方法

仕事

ポモドーロ。ご存知でしょうか、25分集中して5分休憩することを繰り返し、4回目の休憩では30分休む。その繰り返しでほどよく集中力を維持し、ほどよく休憩をとることで、長時間効率よく作業するという仕事術です。

これ、何度試しても最初の25分からかなり苦行で、「あれ、もう終わったの?」って一度も思ったことがない……。というありさまでした。集中力のない私には、25分は長すぎて無理でした。

最近時間配分を変えたりすることで少しずつポモドーロでうまく作業できるようになってきましたので、自分なりのコツを話していきます。

というわけで今回は、

  • ポモドーロで集中して仕事・勉強するにはどうすればいいか
  • 集中力のない人向け、ちょっとしたコツ
  • おすすめアプリ

を紹介します。

ポモドーロで集中するには?→自分が集中できる限界まで時間を短くする

一般的には25分作業して5分休むというポモドーロですが、集中力のない私は思い切って15分作業して5分休むという時間設定にしてみました。

それでわかったのですが、これならいける。「もう終わったの?」って私でも言える。「もうちょっとやりたいな」という気分を初めて味わうことができました。

15分やって5分休むのは効率が悪いと思うかもしれませんが、ダラっとネットサーフィンをしていたら20分ってあっという間です。そのうち15分でも作業しているならめちゃくちゃいいじゃないか、というのが私の感想です。

ちなみに最近は慣れてきて、午前中なら20分作業して5分休憩するというサイクルでも集中できるようになってきました。でも、午後からはバテて15分作業じゃないともたなくなってきます。

もう少し15分作業、5分休憩のサイクルで固定して続けて、集中力がついてきたら、少しずつ様子をみながら20分作業、5分休憩のサイクルに移行していきたいと思います。

集中力のない人→思いついたことを書いておく場所を作る

私は普段から思考があっちこっちへと飛んでいってしまい、ネットサーフィンをしていても気になることが次々出てきてブラウザのタブが10枚も20枚もできてしまうような人間です。

当然、作業をしているときも次々と気になることが出てきてしまいます。

「今日の晩ご飯、冷蔵庫のなすを使わないとな…なすのレシピ、なんかいいのあったっけ……」

「今度の出張、飛行機はJALとANAのどっちがいいんだろ?あ!スターフライヤーももしかして就航してたかも!時間とか値段どんな感じかな?」

とか、そんなふうです。

いちいち頭に浮かぶよしなしごとに取り合っていると仕事にならないので、私はmacのメモ帳に「あとで」というページを作って、あとでやることや、気になることをそこに書きだしておきます。書くことで頭からは追い出して、仕事が終わってから対応するようにしています。

あと、もう飽きちゃったなー、疲れたなーと感じたときは、「そうだね、飽きちゃったね」「疲れたね」と自分に相づちを打ちつつも淡々と作業を進めるように心がけています。「とりあえずこの15分だけ頑張る。終わったら休憩してもいいし、昼寝してもいい」と言い聞かせ、ロボットになったような気分で作業をしています。

おすすめアプリはBe Focused

私はmac OSでBe Focusedというポモドーロタイマーアプリ(無料です)をダウンロードして使っています。

以前はTomato oneというアプリを使っていたのですが、Be Focusedのほうがアラームの音の設定が豊富で、かつ一時停止機能もあるので使いやすいです。

集中力は鍛えられる(多分)

やりたくないけどやらなければいけないことって、人生で色々ありますよね。そういうときにとりあえずポモドーロのタイマーを15分スタートさせて、とりあえず15分だけでも作業してみたらどうでしょうか、というのが今回の提案です。

だいたい、どれだけめんどくさそうなことでも15分始めると作業興奮というやつでもうちょっとやりたくなるんですよね。たとえ本当に続ける気になれなくて15分で終わってしまったとしても、少なくとも15分ぶん作業は進んだわけですし。何もしないよりずっといいです。

淡々とロボットのようにやっていくうちに、いつのまにか作業量が積み上がっていくというのがポモドーロのいいところだと思います。

コメント