雑記

2022年が始まりました

といっても、急に何か大きな変化があるわけではないですが。今年も無事、家族みな健康に迎えられてありがたい。

どんな一年にする?

何か、生活に変化を起こしたいな。と思っています。

私は今までの人生で大学、大学院、会社1社目、会社2社目とすべて5年も経たずに所属を移ってきていて、2016年から始まったフリーランス業が昨年で5年を迎え、なんと一番長くなってしまいました。

社会人になってから一番快適な5年でしたが、この生活に飽き始めているのも確かです。2019年は海外取材にも何度か行けてなかなか面白かったのですが、このコロナ禍で海外へ行けなくなってしまいましたし。

どんな変化を起こすのか、まだ決まっていないのですが…。

・ライター・編集じゃない仕事をしてみる
・雇われじゃなく、自分で仕事をつくる

このあたりが一番変化がありそうかな。と思います。現状の収入で生活に困っているわけではないのですが、何か新しいことをしたい。じゃないと毎日同じことの繰り返しだし、それって何か先細りな感じがしてしまうので。

依頼される仕事を次々こなしているだけではいかん、と思っています。

今年のテーマは?

当たり前を見直す」にします。

最近Twitterで見かけたのですが、あるライターさんは一ヶ月に書いた文字数が40万字を超えていたのだそう。そのリプライにも、30万字を超えているライターさんがいました。

私はよく書いたなーと思った月でも20万字くらい(ATOKには月ごとの入力文字数をカウントする機能があります)。10万字という月もあるので、全然ダメじゃん…と思った次第です。

もちろん書く内容によっても文字数は大きく違ってきますし、編集業もやっているのでそちらに時間を割いているというのもありますが、私は圧倒的に作業効率が悪いのではないかと思いました。

今までの経験や惰性でやっていたことを見直して、今までの仕事量をキープしつつ新しいことをする時間を生み出したいな。と思っています。

プライベートは生活改善

プライベートでは、まずは生活改善に取り組む予定です。主に食事と運動です。

夕食は20時までに食べる

今まで帰りの遅い夫と一緒に、夜10時半くらいに夕食を開始するのが普通でした。夫が異動になり、今までより通勤時間がかかる→さらに帰りが遅くなったので、私は先に夕食を済ませることにします。

夫にも夕方何か食べられるものを持っていってもらって、帰ってからは食べないor本当に軽く、という感じにできればいいのですが、そのあたりは夫の仕事の都合や希望を聞きつつ進められればと思います。

お米中心に食べる

年明けから始めたのが、お米中心の食生活です。

YouTubeにお米ちゃんのお米ダイエット生活というチャンネルがあり、そこで知ったのがごはん6:おかず4の割合で食べるという食事法。ごはんは個人の消化能力によって変わるのですが、1日2合くらいが目安とのこと。朝昼晩、それぞれ200gちょいのごはんを食べる感じです。このチャンネルの女性も体重50kgを切る体型で1日2合食べていて、それでもキープどころかすっきりしていっています。

多分、糖質をしっかりとって間食しないことと、おかず少なめで脂質が抑えられていることがいいんじゃないかな〜と思っていますが、どうでしょう。やってみて、太ってしまった!という人もいるようなので、合う合わないがあるのかもしれませんが。

私はもち麦ごはんで実践しているのですが、ごはんとお味噌汁、おかずちょっとをよーく噛んで食べることでものすごく満腹感が得られるし、次の食事まで間食なしでも大丈夫です。

まだ3日目なので今後どうなるかわかりませんが、結構健康的な食事法じゃないかなと思うのでゆるっと続けてみます。人との外食や、夫と一緒に食事できる時はあまりこだわらないようにしています。

ちなみに、このお米中心の食生活を提案しているのは柏原ゆきよ先生という方。著書やYoutubeチャンネルがあるので、気になった方は見てみてください。

週に最低3回は運動

あと、運動習慣。うちの犬は、散歩中は基本的にずっとにおいをかいでいるので、あまり距離は歩きません。私は犬がにおいをかいでいる間、その場で足踏みをしていることもありますが、大した運動にはならないんですよね。

去年はリングフィットアドベンチャーを始めて良い感じだったので、今年も引き続きやっていきたいと思います。年末年始はさぼってしまったので、また再開します。

家事を多めに担当する

夫が最近忙しそうなので、家事を少し多めに担当しようと思っています。というか、もうしています。そのあたりの調整が自分でできるのがフリーランスのいいところ。

いつも機嫌良くいられるように

仕事もプライベートも、気持ちに余裕をもって暮らしたいです。自分が機嫌良くいられるように、そして家族が家で心地よく過ごせるように、楽しくやっていきます!

 

-雑記

© 2022 editurn.com Powered by AFFINGER5