仕事 雑記

最近の作業用BGMはYoutubeのローファイ・ヒップホップ配信

読書しているときと原稿を書いているときは無音派なのですが、それ以外の作業(メールを返したり、ラフを書いたり、デザインやイラストの指示をしたり)のときは音楽を聴くことが多いです。

思考の邪魔にならず、それでいてなんとなく気分を上げてくれる、ちょうどいい音楽。それがローファイ・ヒップホップかなと感じています。

ローファイ・ヒップホップって何

“ChillHop(チルホップ)”とも呼ばれるこの音楽ジャンルは、古いジャズやソウルからサンプリングされた上ネタに、レイドバック感のある“ヨレた”ドラムで構成されたヒップホップを指す(ことが多い)。故・J Dilla(J ディラ)やNujabes(ヌジャベス)といったアーティストがそのジャンルの先駆者としてとして挙げられる。1990年代から先述のような音楽性のヒップホップは存在していたものの、近年になって世界的に支持層を拡大している。

カルト的に支持される“ローファイ・ヒップホップ”の人気の秘密を探る

とのことです。詳しくないので引用しました。

Youtubeにあふれるローファイ・ヒップホップのストリーミング

きっかけは、ChilledCowというチャンネル。何の気なしに聞いてみたところ、静かでおだやかなインストのヒップホップで、ずーっと、永遠に聞いていられる感じが気に入りました。

好きな曲は一緒に歌ってしまうし、英語だと歌詞を聞き取ろうと頑張ってしまう。そういうフックがいい意味でないので、聞きやすいです。

いろいろなチャンネルのローファイ・ヒップホップを聞いてみたのですが、結局ChilledCowのlofi hip hop radio - beats to relax/study toが一番癖が無く、聞きやすいです。

他のチャンネルに関しては、以下の記事に詳しくまとまっているので見てみてください。私は、Chillhop Musicも時々聞きます。

ローファイ・ヒップホップ「24時間配信チャンネル」おすすめ8選

ストリーミングは他にもこんなのを聞いています

あとは、ローファイ・ヒップホップではないのですが、Mellowbeat Seekerというチャンネルの24/7 Korean Underground Indie/R&B/Hip-hop Radioというのを時々聞いています。歌詞がわからないので、流し聞きするのにとてもいいです。夜が似合う。

あとはBGM channelのRelaxing Music & Campfire with Nature Sounds - Easy Listening Guitar Music for Stress Reliefも聞きやすいです。ギター+鳥の鳴き声って感じ。

BGMはいつも同じだと飽きちゃうので、これからも開拓していきたいと思います。Apple Musicに加入しているのでそっちでも探していきたい。

-仕事, 雑記

© 2021 editurn.com Powered by AFFINGER5