仕事

ストレスが溜まるクライアントの仕事を降りました

3年続けた媒体を降りました。めちゃくちゃスッキリした!

ストレスフルな仕事は辞めよう

辞めた理由は、そのクライアントとの仕事がとてもストレスフルだったから。

  • メールの文面がとげとげしく、読むだけで気持ちが落ちる
  • 編集方針が定まっておらず、朝令暮改ばかり
  • プロフェッショナルな仕事へのリスペクトがない(ライター以外の外注にもひどい態度)

そのクライアントからメールが来るだけでテンションが下がるし、全然楽しめないし、何か新しい経験が積めているわけでもないのでもういいかな……と。ギャラは決して悪くなかったのですが。

角を立てずに辞める

とはいえ、3年もお世話になったクライアントですし、業界は狭いのでどこでつながっているかわかりません。円満に降りたかったので、降りたい理由は当たり障りのないものにしました。嘘も方便というやつです。

角を立てたところで一利もないので、最後に何か捨て台詞を残したい気持ちになっても我慢した方がいいです。

今持っているものを手放せば、新しいものが入ってくる

若干スピリチュアルな見出しですが、まさにこんな感じでした。辞意を伝えたら、まったく別方面からすぐにいくつも仕事の話が舞い込んできて、そのクライアントの仕事の分はあっさり埋まった感じです。こんなことならもっと早くに辞めてもよかったかなあと思いました。

一緒に仕事したい人を選べるのがフリーランスのいいところ

イヤな人とは仕事をしない。こんなワガママが言えるのがフリーランスです。不安定な収入、誰も守ってくれない、年金が不安。たくさんのリスクがあるフリーランスですが、その分自由です。

「気持ちよく付き合える人と、楽しく仕事をしたい」という働き方でも、
「イヤなクライアントでも、ギャラがいいなら我慢する」という働き方でも、
自由に選べるのです。

自分から仕事を降りるのは初めての経験でしたが、ものすごくスッキリしました。イヤな仕事を無理に続けなくても、他に仕事はいくつもあるんだからしがみつかなくていいよ、と1年前の自分に言ってあげたいです。

-仕事

© 2020 editurn.com Powered by AFFINGER5