フジロック持ち物リスト2015!

フジロック

今年もぼちぼち、フジロックの持ち物を確認する季節です!
備忘録的に書いてあった2013年の記事に加筆修正しつつ、まとめてみました。
交通手段や宿泊形態によってもかなり変わるとは思うので、以下は
往復自家用車、車中泊、2泊3日(金・土・日)の場合です。

 

□チケット
□お金
食事は3千円×日数にお酒代を適宜プラス。ビールは600円/杯です(2014調べ)。
あとは物販、行き帰りの飲食、お土産代など。
私はいつも食費プラス2万円あれば余裕です(除交通費)。
□免許証、保険証

□服、下着、靴下、帽子
日数分+2枚のトップスと靴下。汗かいた時、雨が降った時用に。
ロンTも1枚あると、寒い夜に重宝します。
泥が跳ねたりすることもあるので、汚れてもいい服で。
帰るとき用の着替えがあると、帰路が快適です。
□レインウェア
上下セットやポンチョなどお好みで。長靴も忘れずに。
□長袖パーカーやカーデ
寒いとき用。たまにすごく寒い年があるので、絶対必要。
□タオル
日数分プラスお風呂分。
汗取りと日焼け防止に、常に首にかけてます。
お風呂分に加えて、アウトドア用の小さなタオルがあると便利。雨に濡れた荷物をさっと拭いたり。
こんなやつです。

 

□お風呂洗面セット
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ歯磨き粉。
必要なぶんだけ小分けボトルに詰め替えたり、パウチのものを使ってコンパクトに。
日曜の朝にしかお風呂に入らない猛者(私のことです)には、これがおすすめ!
金曜と土曜はこれでしのいでいます。べたつく頭髪がちょっとすっきりします。

 

□メイク用品
どうせ汗や雨でよくわからないことになるので、私は日焼け止め、パウダー、眉、アイライン、UVリップくらいです。もう少し!という人は、コンシーラー、ファンデ、チーク、アイシャドウ、マスカラなどでしょうか。これもコンパクトなものをえらぶこと!リフィルだけ持っていくというのも手です。メイク道具のコンパクト化については、いずれ別ページで詳しく紹介したいと思っています。
□ボディケア用品
ひとつで何役もこなしてくれるアイテムがいいです。おすすめはオイル。顔、身体、髪の保湿に使えるほか、マッサージもできます。私はmarks&webのハーバルオイルを使っています。あとはメイク落としとデオドラントグッズと、ギャツビーアイスボディペーパー。身体を拭くのはもちろん、これを使用後の服やタオルに挟んでおくと、臭くなりにくい!あとコンタクトと保存液とメガネ。
□薬類
鎮痛剤、胃腸薬、虫除け、虫刺され、バンドエイド。予定がある人は、生理用品も。
□疲労回復グッズ
休足時間、メディキュット、栄養ドリンク。
□ショップ袋、ジップロック
使用済みの服を入れたり、お風呂にいくときに着替えをいれたり。やわらかい素材のほうが、ガサガサ音が少ないので夜の車内で迷惑がかかりにくい。

□携帯電話充電グッズ
ケーブルも忘れずに!
□懐中電灯
会場は暗いところも多いので、必須です。

 

□車中泊グッズ
クーラーボックス(飲み物を凍らせて氷がわりにして持っていく)、新聞、ぞうきん、ウェットティッシュ、ハンガー、ゴミ袋、車内用電池式ランタン、クッション、寝袋、サンシェード。ゴミ袋は汚れた靴を車内に持ち込むときにも使います。あと、歯磨き用のミネラルウォーター、サンダルもあると便利です。

こんなところでしょうか。
私はカメラは持ち歩かず、iPhoneで撮る程度なのでリストから省きました。
ぶっちゃけチケットとお金さえあれば何とかなるのですが、また思いついたら書き足していきます!

コメント