フェスや旅行中に便利なボディバッグ MACPAC MODULE

フェスで最小限の荷物を身につけたり、
旅行中に荷物を宿に置いて、どこかへ出かけるときに便利なボディバッグ。

大きいのから小さいのまで、色々ご紹介します。
(続きます)

まず私が使っているのは、こちら。

MACPAC/MODULE/高さ17×幅33×奥行き10cm/容量7L/重さ200g

ニュージーランドのアウトドアブランド、MACPACのMODULEです。
色はチャコール(薄いグレー)を使っています。
このボディバッグに使われているのは、MACPACが独自に研究開発した
AZTEC(アズテック)という素材なのですが、
これは非常に丈夫で防水性が高いと言われています。

<ここから、MACPACのHPより引用です>
Aztecはコットンとポリエステルを織り合わせたハイブリッド繊維できています。
Aztecは生地の段階で特殊なワックスに浸して、
繊維の一本一本に防水液を浸透させて耐水性を確保しています。
生地の段階で耐水加工することにより、
繊維全体にまんべんなくワックスで埋めつくすことができ、
堅牢な耐水性を実現しています。
また、耐水性の上で弱点となりやすい縫い目は、
ナイロンを芯にコットンを巻いた特殊な糸で強固に縫製されます。

雨が降ってパックが濡れるとAztecの素材で使われている
自然繊維のコットンは、化学繊維にない特性で膨張します。
膨張することによって素材間を密にしたり、
縫い穴を塞ぐことによって内部への水の浸入を防いでいるのです。
この効果は、自然現象なので長期的な使用によって劣化することなく
半永久的に持続します。
素材自体が強い耐久性をもちコーティング処理を必要としない
Aztec製のパックは、たとえ年月を経て酷使されても
耐水性が失われることはありません。
<引用おわり>

濡れると繊維がふくらんで水を通さなくなるって、すごいですよね!

ポケットも何もないシンプルなつくりですが、キレイめカジュアルでも
バリバリアウトドアでもしっくりくるデザインで、気に入っています。

容量は7Lですが、これは
・長財布
・携帯
・イヤフォン
・鍵
・定期入れ
・ハンカチ
・化粧品(パウダー、アイブロウ、アイライナー、マスカラ、チーク、リップ)
・スリムな折り畳み傘
・コンパクトデジカメ

がすっぽり収まる大きさ。これだけ入れば十分すぎるくらいです。
私はここに、防寒用のストールを入れることもあります。

ペットボトルを持ち歩く時は、このカラビナを使って外にぶら下げています。

MODULEは、カラバリも豊富なので
きっとお気に入りの色が見つかると思います!

コメント