フジロックの車中泊であると便利なもの

ホテル泊、民宿相部屋泊、テント泊などなど、
色々な選択肢があるフジロックでの宿泊。
私はいつも、場内1での車中泊です。

 

場内1とは、入場ゲートに一番近い駐車場のこと。
遠いところだと、シャトルバスに乗らないと、
駐車場から入場ゲートまで移動できません。遠すぎでしょ!

 

場内1の駐車券は基本的に早い割じゃないととれませんが、
それだけの価値ありです。
私は東京在住のため、早い割の抽選に落選した年は
渋谷パルコに並んだりもします。
そのくらい快適です。テントより快適なんじゃないかなー。
フルフラットになる車だと最強です。

 

そんなフジロックの車中泊に、あると便利なもの。

 

1.サンバイザー
前・後ろ・側面、全部必要です。
あると中で着替えができますし、朝日差しが暑くて&まぶしくて
目覚めてしまう、ということがありません。

これ、去年つけている人がいましたが、めっちゃかわいかった!

 

側面はこういうタイプが人気です。重ねてはると日差しの漏れがすくないので多めに買っておくといいです。

 

2. 虫コナーズ

車の中に虫が侵入するのを防ぎます。
夜、会場から車に戻ってきて、後ろの扉を開け、夜風を入れながら
持参したビールなどを飲むのがとってもリラックスできていいのですが、
その時に灯りをつけると虫が集まってしまいがちなので。
これがあると、虫がきません。でもコウモリは来ましたけど。
フジロックが終わったら、自宅につるして使っています。

 

3. 押すだけベープ

海外旅行にもおすすめしている押すだけベープ。
もし虫が入ってきてしまったら、人間は車から出て、車内にシュッとひと吹き。
しばらくすると、虫がいなくなっています。
シートに落ちているかもしれないので、注意してください。

 

4. ハンガー

濡れたレインウェアやタオルを乾かすときに使います。ひとり2つくらい持っていくと便利。

 

5. 新聞紙
車の床に敷き、泥汚れを防ぎます。

 

6. ゴミ袋
夜の間、脱いだ靴を入れてシートの足元に置きます。
外に置きっぱなしにしていると、寝ている間に雨が降った時に悲惨です。
車の真下に入れていても、濡れる時は濡れます。

 

7. 寝袋+タオルケット
車中泊なのでそんなにいいものじゃなくても大丈夫です。
むしろタオルケットや毛布などでもかまいません。
たたむとコンパクトになると積み下ろしが楽なため、私は寝袋派です。
封筒型だと、中に入ったり、下に敷いてタオルケットだけかけて寝たり、
色々できます。

 

8. 携帯電話のバッテリー

宿ではないので、金曜日〜日曜日までの電源を確保しておく必要があります。
もちろんシガーソケットからも電源は取れるのですが、
それは走行中だけ使用するようにしています。

このぐらいの容量があれば安心だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です