2019フジロック行くならこの3つはマストで持っていこう

フジロック

さて、フジロックまでもう2ヶ月を切りましたね。出演アーティストもほぼ出揃い、準備にソワソワし始めるフジロッカーも多いのではないでしょうか。

毎年思うんですが、フジロックって他のフェスより装備が重要です。装備がしっかりしてるかどうかで、快適度がかなり違ってくるんですよね。フジロックは山なので、サマソニみたいな都市型フェスとはわけが違います。装備を揃えてから苗場に向かいましょう!いったん揃えれば、来年も、ほかのアウトドアな場面でも使えますよ。

初めてのフジロック参加者、山を舐めがち

私も初めての時は、「え、ビーサンでいいでしょー」とか言ってましたが、苗場は普通に山です。天気が変わりやすい、めっちゃ暑い時も寒い時もある、虫がいる、アップダウンがある。一回雨が降ると、人がたくさん通る場所は田んぼみたいにぐちゃぐちゃになる。なので、装備としてはフェスに行くより、登山に行くの方が正解に近いです。

この写真の真ん中カップルみたいな服装の人を時々見かけますが、特にこの女性、

・雨対策(濡れても乾きにくそう。バッグも傷みそう)
・日差し対策(背中と頭が無防備すぎる)
・虫対策(背中、脚、危険です)

の観点から考えると、この服装でフジロックに来ると辛い思い出になるかもです。多分、足元もサンダルとかだと思いますし。
(写真はフリー素材で、会場もフジロックではありません。念の為)

で、何を着ればいいのかは詳しくは別の記事に譲りますが、基本

・吸湿速乾の素材(アウトドアウェアとか)
・露出少なく

でOKです。トップスは会場でいっぱい売られているバンドTとかでいいと思います。脚は、山ダニやブヨ対策でレギンスとかコンプレッションタイツを履いている人が男女ともに多いですかね。あと日よけにハットやキャップ+首にバンドタオルが定番です。

まあとにかく、そのへんの大きめの公園に遊びに行く程度の装備で来ようとしている人は、以下の3つだけは買った方がいいです。

フジロックのマスト装備1:ポンチョ

フジロックはかなりの確率で雨が降ります。梅雨が明けていてもです。私の体感では、年によってももちろん違いますが、まあ大体3日いれば2日はどっかしらで雨が降るかなーという感じです。何十分、何時間と傘なしで動かずに雨に打たれ続けるって結構つらいです。大人になってからそういう経験がない、という人も多いのではないでしょうか。

(フジロックは傘の使用が禁止されています。また、レッドマーキーやオレンジコートのご飯を食べるところなど、屋根があるところもあるにはありますが、何万人もの来場者は到底収容できません。基本、屋根はないと思っていた方がいいです。)

というわけで、とにもかくにもポンチョが必要です。そして、そのポンチョは雨に打たれても容易には内部に雨が染みてこない、ちゃんとしたポンチョでないといけません。K●Uとかよく見かけますけど、フジロック会場で見たらかなりの人が染みてますからね。私が信頼しているのは、アウトドアブランドのポンチョです。

コロンビアのポンチョが鉄板。180cmくらいある男性だとボトムスも水着みたいな素材にした方がいいかもですが、164cmの私ならこれ+長靴で雨対策はOKです。

なんでポンチョがいいのかというと、バッグも雨から守れるから。登山で雨具というと上下に分かれたヤツがメジャーだと思うのですが(そしてフジロックにもけっこういる)、あれだとバッグが中に入れられません。なので、別途バッグのレインカバーを買う必要があるんです。そしてレインカバーって背中と接している面から雨が入っちゃうことがあるし荷物の出し入れがしにくいので結構面倒です。

ポンチョなら雨の降る中ご飯を買って、バッグから椅子を取り出して座ってご飯を食べる、なんてことも割と楽です。

あと、レインウェアと比較して

・価格が安い
・たたんだときに小さくなる
・風通しがいい

のがいいところです。といっても、コロンビアとはいえ何時間もずーっと降られているといい加減水が染みてくるので、防水スプレーをかけておきましょう。これで万全です。

アウトドアウェア関連はこれを使っています。ハットとかにもかけてます。

フジロックのマスト装備2:長靴

次は長靴です。日帰りの人はゴアテックスのトレッキングシューズでなんとかいけるかもしれませんが、複数日滞在する人は悪いことはいいません、長靴を絶対にもっていきましょう。

その日に雨が降っていなくても、フジロック会場って一回雨が降ると地面が田んぼみたいにぐちゃぐちゃになってしまうんです。ひどいところだと足首まで埋まります。なので、コンバースとか履いてきた人はほんとに悲惨なことになってます。あと、サンダルの人も泥が入り込んで大変なことになってます。泥って小石とかも混じってるので、サンダルはおすすめできません。虫もいるし。踏まれたとき危ないし。

なので長靴です。そして長靴なら野鳥の会を買っておけば間違いない。めっちゃかぶるけど、それだけいいってことです。アウトドア用にしてはちょっと底が薄いかもなので、スポーツ用や登山用の中敷きをいれてもいいと思います。

野鳥の会のいいところは、

・たためること
・サイズが豊富なこと
・カラバリが豊富なこと
・わりとすらっと見えること(でもエーグルみたいに筒が細すぎではない)

です。特にたためるのは、新幹線やバスで来る人にとってはありがたい機能です。あと、一足持っていると、台風の日とか、めったに降らない雪がふった日とかにも使えて便利ですよ。

フジロックのマスト装備3:折りたたみチェア

最後のマスト装備は折りたたみチェアです。本当に体力がある人意外はマストだと思います。

疲れたらその辺に座るからいいよーという人は要注意です。さっき言ったとおり、フジロックって毎年雨が降るんですよね。で、一度雨が降ると、ドロドロのぐちゃぐちゃになってしまうところが多いんです。まじでゴミ袋をレジャーシートみたいに広げたとしても、地面に座る気になれないですよ。

そこで必要になるのが折りたたみチェアです。フジロックに来ている人の8割は持っていると思います(残りの2割は本当に体力のある人、まあまあ体力のある日帰りの人、滞在時間の短い人、外国人です)。

ヘリノックスのチェアワン。大定番です。背もたれがあるけど軽い、座面の高さがそこそこある、座り心地が包まれてるみたいで気持ちがいい、たたむと小さくなる、といいことずくめです。多くの人が使っているだけあります。高いけど。たたみ方が若干めんどくさいですが(慣れたら1分かからないけど)、移動するときはきちんとたたんで移動しましょう。

私はヘリノックスのグラウンドチェアを使っています。上記のチェアワンと比べて脚がない分少し軽いし、座面が低いのでちょっとは後ろの人の迷惑になりにくいかなと思っています(毎回後ろは確認してます)。座ってもお尻は地面につかないので安心ですよ。意外と安定していて、ひっくり返らないです。

ヘリノックス高すぎって人はこれ。最近はこういう類似品を持っている人も多いです。

そんなしっかりした椅子はいらん、ちょっと腰掛けられればOKって人や、いらないと思うけど念のため持って行くかーって人はこれがいいです。302gで軽いしかさばらないし。あって損しないと思う。こういうのを使っている人も結構います。何かの発売日や、福袋に並ぶときに使っている人も多いですよね。

ほかにも帽子とか日焼け止めとか虫除けとか色々あるっちゃあるんですが、最低でもこの3つがあればフジロックでつらい思いをせずに楽しく過ごせると思います!一回買えば何年も使えるので、ぜひ。

コメント