3泊4日シンガポール旅行の持ち物リスト

3連休を利用したシンガポールへの週末海外旅行に
どんな荷物で行ったのかを、自分用メモも兼ねて書いておきたいと思います。
(こういうメモは今後の旅行に役立つので、どこかに記録しておくのをおすすめします)

鞄:7Lボディバッグプラス20リットルザック
(ボディバッグは現地行動用)

▼ボディバッグに入れたもの▼
・パスポート
・財布(現地用と日本用。現地用はコンパクトで地味なもの、日本用は封筒で十分。)
・クレジットカード、新生銀行のカード、他銀行のカード、免許証、保険証、PASMO inカードケース(日本での支払いは極力PASMOなどを使用して、小銭を増やさないようにする)
・日本円、米ドル、以前の旅行で使ったシンガポールドルの余り
・飛行機チケット、ホテルのバウチャー、その他チケット類、旅行保険の要項を印刷したもの
・コンタクト、メガネケース(メガネは掛けていく)
・携帯電話、充電器(USB充電ケーブルも)
・カメラ
・メイク用品(パウダー、色モノパレット、リップクリーム、アイブロウ、アイライナー)
・歯ブラシ&歯磨き粉(ジップロックに入れる)
・鎮痛剤
・体を拭くシート
・ボールペン、メモ用紙数枚
・手ぬぐい
・飴数個、フリスク
・扇子
・ダイヤル式の鍵

▼ザックに入れたもの▼
・Tシャツ2枚、下着1セット、パジャマ1セット(Tシャツ一枚は日曜深夜に着替える用)
・お風呂セット(シャンプーリンス一回分、小さい石鹸、カミソリ、タオル)
・ボディケア(フェイスケア試供品1回分、日焼けどめ、虫よけ、虫さされ)
↑お風呂セットやボディケアなども漏れ防止と機内持ち込み対策でジップロックに入れておく。
・折りたたみ傘
・ジップロック2枚、ビニールのショップ袋2枚(お土産や荷物の整理に使用)
・パスポートのコピー
・耳栓(F1用)

行きの洋服(はおりものも含む)は着ていくので、リストからは割愛。
大体のものはどうしても必要になったら現地調達可能なので、
パスポート・お金(クレジットカード)・チケット類
さえあれば大丈夫!という気持ちでパッキングすればOK。
あれば便利なものはなくてもなんとかなるので、不要です。
これらをできるだけ小さくして持っていきます。

一番かさばるのは服と洗面グッズ、ボディケア系。
下着は薄手のもの、パジャマはコンパクトになるもの(でも虫がいることもあるので長ズボンをおすすめ)を。
洗面グッズは使うぶんだけを持っていきます。
特に1泊や2泊だったら、トラベル用のシャンプーやボディーソープも不要。
1回ずつパウチになっている試供品などを使う方が断然コンパクトです。
(帰りはその分軽くなるし)
ボディーソープはパウチタイプが手に入らなければ、石鹸を小さく切って持っていくといいです。
石鹸は包丁で簡単に切れますよ。硬い場合は、30秒くらいから様子をみてレンジアップしてください。
虫よけスプレーなどなども詰め替えて、必要な分だけ!
ボトルごと持っていくのに比べ、1/5くらいになるはずです。

あと、今回は実質一泊なので、着替えは1泊分しかありません。
ズボンは全日程で同じものを履きます。
私はこれで快適だし、臭くもならない(と思う)し、身軽なほうがいいので
このスタイルです。

旅行を終えてこれは便利だった!と思うものは、扇子。シンガポールはやっぱり暑かった。
あと、帰りはお土産を預け荷物にしたので、ダイヤル式の鍵が役立ちました。

反対に、いらなかったなーと思うものは、虫よけと虫さされの薬。この時期シンガポールにはほとんど蚊がいませんでした。
まあ、そんなにかさばるものでもないので、保険として今後も持っていくかも。

バッグを小さくすればもっと荷物を小さくできるかも、と思った旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください