フットワークが軽くなるコンデジ、SONY DSC-RX100

dsc00889かなり今更なタイミングなのですが、
先日SONY Cybershot DSC−RX100を購入しました。
カメラのキタムラの某店閉店セールにて、
お安くなっていたのを見かけて珍しくその日のうちに購入。
だいたい大きな買い物はじっくり下調べをするのですが、
この製品に関しては発売当初から欲しいと思っていたので即決でした。

RX100シリーズはRX100m2〜RX100m4まで
3台の後継機が出ているのですが、細かいことにこだわらなければ、
そして動画をたくさん撮るつもりでないなら初代のコレがお買い得とのこと。

 

img_5307手に乗せられるコンパクトなボディ。
重みはありますが、うちにあるミラーレス機(PENTAX Q10)などと比べても
すっきりまとまっています。
Q10もめちゃくちゃ小さいのですが、レンズが出っぱっていますからね。
格納式はスリムです。

画像を見てお分かりの通り、純正グリップはつけました。
やっぱりつけると全然違いますね。
つける前はカメラを落とさないように気を使いながら撮っていたのですが、
かなり気軽に撮影できるようになりました。
(それでも手が大きな男性にとってはちまちました感じかもしれません)

 

dsc00874 dsc00875 dsc00877 dsc00879
純正グリップはこんなパッケージ。
中身はシンプルで、本体と説明書のみです。
裏についているシールを剥がして、カメラにくっつけるだけ。
少しの間圧着しておくとより良いかと思います。
両面テープがしっかりしているので、曲がって貼ってしまった場合の
貼り直しは厳しそうな感じでした。ご注意ください。

今のところ付属品のハンドストラップも付けていますが、ゆくゆくは
革か何かに換えたいと思っています。

 

dsc00700私の腕ではカメラの素晴らしさを伝えきれませんが、
犬の顔をアップで撮ると「おお…」となりました。
比較対象にもならないのかもしれませんが、分かりやすく言うと
手持ちのiPhone6の数倍上をいく美しさです。
毛の質感など、綺麗に見えます。

とっても使いやすいコンデジです。
オートお任せで撮影してそのままでもいいし、
こだわる人はマニュアルやら絞り優先やらいろいろあります。
オートだと全体的に少し暗い印象があるので、
私は明るめに調整することが多いです。

取材の時も鞄に入れて行って、記録用にパチリと撮ったり
道中にパチリと撮ったり、なかなか楽しいです。
これからブログの写真もコレで撮ることが多くなるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です