台北旅行2016のまとめ-2日目

関連記事はこちら。旅の概要などは下記にあります。

台湾に行ってきました+ジェットスターのセール必勝法
台北旅行2016のまとめ-1日目

初めての台北旅行、2日目に行ったところについて書いています。

行ったところ−2日目

R0002083
2日目はあいにくの雨。宿近くの台大醫院駅からMRTで士林駅へ向かいます。
台北車站も同じくらいの距離なのですが、こちらは駅が大きくて
改札へたどり着くまでが面倒なので、駅舎がコンパクトな台大醫院駅から
乗ることにしました。

R0002087
士林駅からはバス。駅を出てすぐのところにバス停があり、
ちらほらと人も待っているのですぐわかります。

R0002093
国立故宮博物院に到着。
中国歴代皇帝の宝物が収蔵されています。
じっくり見て回ったら1日かかるだろうなあというボリューム。
ぐるっと見て回るのでも2時間はかかりました。
書や器が好きな人はたまらないだろうなーというラインナップでした。

当時、日本で仏像関係の仕事をしていたからか、
吹き抜けに設置されている仏像には圧倒されました。

博物院について事前に調べたところ、博物館内にある三希堂というカフェが
とても良さそうだったのですが、2016年1月現在クローズとのことでした。
お店を閉めてしまったのか、一時休業中なだけで再開予定があるのかも
全然わからなかったのですが、残念です。

 

R0002103
R0002106
帰りはサクッとタクシーで士林駅へ戻り、そこから忠孝復興駅へ。
バスに乗り込み、向かったのは九份です。

R0002112
暮れてゆく九份を眺めつつお茶と洒落込みたかったのですが、
雨と風と霧がすごい。。。

R0002119
有名なアレですが(映画のモデルではないとの説があるようです)、
これまた霧がすごい。。。

R0002132
早々に眺めは諦めて、有名な茶藝館「九份茶坊」へ。
もともとは地元の名士の住まいだったそうで、長らく空き家となっていたところを
芸術家である現オーナーが買い取り、茶藝館に生まれ変わらせたそう。

R0002125
R0002155
吹き抜け、階段、池、ギャラリーなどなどがあり、落ち着いていながら
表情豊かな内観。お茶をいただいている間、目でも楽しませてもらいました。

R0002128
お茶の淹れ方を教えてくれるおばちゃんは立て板に水の説明。
日々大量の観光客をさばいているんだろうな。お疲れさまです。

R0002136
R0002154
とはいえ、仕事はとっても丁寧で、お湯のお代わりや追加注文などもこまめに対応してくれました。
茶葉入りのチーズケーキも美味しかったです。
ちなみに、飲みきれなかった茶葉は持って帰れます(素敵な袋に入れてくれる)。
店内ではこの写真に写っている茶器も含め、いろいろな茶器が販売されていて、
値段は少し高めですがシンプルで落ち着いたデザインのものが多く、
一式揃えたくなってしまいます。

 

お店情報はこちら。
<九份茶坊>
09:00~21:00
Tel:(02)2469-9056
No.142, Jishan St, Ruifang District, New Taipei City

 

R0002122
宜龍という茶器のお店にも寄りました。
こちらは台北市内にも店舗があるそうなのですが、
フラフラと入ったら茶器の可愛さと、そんなに高くないお値段に惹かれて。
お茶碗を2種類購入しました。(紹介は別記事で。)

雨ということもあり、店内には私一人。
お茶を出してくれた他は、特に話しかけられず、ゆっくりと商品を見せてくれました。

 

R0002161
日も暮れたのでそろそろ帰ります。
九份から台北市内へ戻るバスはとても混むそうで、少しでも確実に乗れるように、
ガイドブックに書いてあるバス停ではなくネットで情報を集めていて見かけたバス停へ行ってみることに。

普通、ガイドブックなどでは坂を下りきったところにある「九份」のバス停に
案内されるのですが、ここではなく、
バスルート上でその一つ前の停留所に当たる「九份老街」から乗ることで、
満員による乗車拒否にあう確率が下がるとのこと。

「九份老街」のバス停は、バスで九份に着いた時に、
おそらく基山街へ入る時にそばにあったセブンイレブンを
もう少しだけ登って行ったところにあります。

 

R0002167
R0002170
このバス停へは、混んでいる基山街を戻るのは面倒なので、別ルートを選びました。
豎埼路の階段を降りていき、九戸茶語の建物が見えたら右折。
軽便路というローカルな道に入り、テクテク歩きます。

R0002173
この看板がある階段を登れば基山街の出口までもう少しという
地点に出られるので便利!

R0002174
「九份老街」のバス停もたくさん人が並んでいましたが、
一本目に来たバスで座って帰れました。

R0002175
忠孝復興駅に戻ってきました。
この辺りはデパートが集まるショッピングエリアです。

R0002190
宿の近くまで戻ってきたところ、飲食店が結構閉まっていたので
結局またも信陽麺館へ。美味しかった。。。

R0002187
R0002186
信陽麺館近くの予備校。
台湾も、受験勉強すごく大変なんだろうなあ。

R0002198
さて、そろそろ日本に帰らなければ。
台北駅のバスターミナルから桃園空港へ向かいます。

R0002202
各座席、USB充電できるようになってました。便利。
LCCは座席で充電できないことが多いので、ありがたいです。

R0002208
桃園空港のまったりスペースで時間を潰し。。。

R0002218
980円のjetstarで成田へ。
初めての台北旅行、大満足でした。

次に行く時は、こんなことをしてみたいな。

・旬のマンゴーを使ったマンゴーかき氷が食べたい
・台北市内の茶藝館にも行ってみたい
・台湾で電車に乗りたい
・新幹線にも乗りたい、地方都市に行きたい
・北投の温泉に行きたい
・ご飯と具を分けて入れられるどんぶり型お弁当箱を買いたい


今回持って行ったガイドブックはこちら。
とても使いやすかったです。もう少しだけ判型が小さいとさらによかった。


2017年度版。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください