フジロックの夜に!疲労回復アイディア

毎日毎日歩き回ってへとへとになるのがフジロック。
宿やテントで以下に疲労を回復するかで、翌日のモチベーションが全然変わってきます。
手軽にできて、効果を実感できる疲労回復方法をご紹介。


1.ストレッチ
苗場での一日を終えると、脚はパンパン、腰も張っているし、一日荷物を持ち歩いているので肩もガチガチになっています。そんなときは、まずストレッチ!体育の授業でやっていたようなカンタンなストレッチで大丈夫なので、気持ちいいと思うところをゆっくり伸ばしていきます。息を吐きながら、7秒間かけてじっくり伸ばすと、ほぐれてきますよ。
お手本にするなら、こんなストレッチ。股関節をほぐしておくのも重要です。

2.マッサージ
一日立ちっぱなしだと、女子は特に脚がむくんでパンパンだと思います。あまりにもむくむと、脚がだるくて眠れないんですよね〜。こういうときは、リンパ系のマッサージが効く!オイルやボディローションなどを付けて、リンパの流れをよくしていくと気持ちいいし、翌朝ラクです。この動画がいいお手本になります。もちろん男性にもおすすめ。

私はMarks&Webのハーバルオイルを持って行き、マッサージに使っています。このオイルは顔にも髪にも使えるので便利だし、荷物の軽量化にもなって一石二鳥!

3.休息時間
これは気休めじゃないです。仕組みがよくわからないけど、確かに翌朝脚が軽くなっている感があります。使い方はカンタンで、寝る前に貼って、寝るだけ。この後紹介するメディキュットを履かない人は通常タイプを脚の裏とふくらはぎに、メディキュットを履く人はツボ刺激版を脚の裏にはるのがよいでしょう。

4.メディキュット
女子の皆さんおなじみのメディキュット。やっぱり優秀です。私はいつも、足裏に休息時間ツボ刺激版を貼ってからメディキュットを膝上まで引き上げて寝ております。これをするとしないでは本っっ当に違うので、体力に自信のない人はぜひ実践してください。私は通常タイプの黒いメディキュットも持っていますが、やっぱり寝るときには窮屈。寝るときには、当たり前ですが寝ながらメディキュットがおすすめです。

もちろん昼間に無理をしすぎないとか、宿の人はできるだけ湯船につかるとか、色々あるかとは思いますが、夜に手軽になんとかする!という観点から言うと上記の4つが手軽かつ効果が期待できる方法、というのが現時点での私の結論です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です