朝までぐっすり、あったか羽毛布団

昨日から首都圏も急に寒くなりましたね。
寒さが苦手で、毎年12月~3月あたりは防寒第一で過ごしているので
ついに本格的な寒さが来たか、と身構えております。

 

温かいタイツや靴下などを買い求めるのは毎年のことなのですが、
今年は寒さ対策として羽毛布団を新調!
で、それがかなりいい感じなのです。

 

羽毛布団の選び方がわからない

今まで綿の重たい布団で寝ていたのですが、
いざ羽毛布団を買おうと思っても、初めは選ぶ基準がわかりませんでした。
羽毛もホワイトダック、シルバーダック、ホワイトグースetc様々だし、
嵩高、重量、ダウンパワー、フィルパワー、防臭加工などなど他にも考慮すべきスペックが
あるようで。

 

結局のところどうしたかというと、

これを買いました。

 

色々な羽毛布団のレビューを読んでみたのですが、
・羽毛の種類によってあたたかさの評価はそれほどかわらない
・ダウンパワーは350でも十分っぽい
・2層立体キルトだと羽毛が中でかたよらずあたたかい
・表生地が綿100%のほうが湿気がこもらない
・レビューで一番言及されているのは結局のところ「におい」
上記のようなことが読みとれました。

 

まず、大体どの商品も「あたたかくない」なんて評価は少なく、
楽天のランキングに上がってくるような商品は
あたたかさの心配はしなくてよさそうです。
(「あたたかい」と「めちゃめちゃあたたかい」の違いはありそうでしたが)

 

となると、あとはキルト、表生地、におい、価格でしょうか。
上記ポイントを押さえているもので高価すぎないもの、
でも毎日使うものだから、安物買いの銭失いは避けたい……。という
観点から選んだのが「ええふとんや」さんの羽毛布団でした。
表生地が無地というのは汚れが目立ちやすいのですが、
個人的にはシンプルでとっても気に入っています。

 

ちなみに、ダウンパワーとフィルパワーについては
日本繊維製品品質技術センターのHPに詳しい説明がありましたので、
気になるかたはこちらをお読みください。
羽毛製品【ダウンパワー】
羽毛製品【フィルパワー】

 

シンプルな段ボールに入って到着

Evernote Camera Roll 20151215 092655_R
注文した羽毛布団が届いたので、早速開封します。

 

futon02_R
futon03_R
開けたところ。
段ボールの中に不織布の布団袋が入っています。
これなら段ボールが破損してもまだ汚れる心配なし。
取っ手もついていて、取り出しやすいです。
この布団袋は引っ越し用にとっておきます。

 

futon04_R
取り出してひろげてみたところ。
この時点で結構ふわふわです。においはそれほど感じません。
そして当たり前ですが、綿の布団に比べて軽い!
その日のうちに、数時間干しておいたので
取りこむころにはさらにふわふわになっていました。

 

futon05_R
布団袋の中に、保証書や説明書が入っていました。
400dp以上の製品に与えられるロイヤルゴールドラベルも在中。

 

ふんわりほかほか、でも暑くない

最近はこの羽毛布団の上にセブンプレミアムの毛布をかけて寝ているのですが、
ふんわりと暖かく、でも汗をかくこともなく、ものすごく快適です。
こたつや電気毛布のような強制的なあたたかさではなく、
もっとこう、春が来たような、まとう空気があたたかい感じです。幸せ感があります。
軽いので朝起きた感じも疲れていないし、
何より夜中トイレに起きることがなくなりました。

 

あたたかいパジャマの日も、ちょっと薄手のパジャマの日も
同じように快適なので、羽毛布団がちょうどいい温度に調整してくれているのかも。

 

これ、表生地もかなり関係している気がするのですよね。
まあそんなこと言ったら、布団カバーもパジャマも下着も毛布も
全部天然素材にしなきゃダメなのか、という話ですが。
せめて布団の表生地と布団カバーだけでも綿100%にするといいのかも。
(布団カバーは無印のを使っています)

 

気になるにおいは、購入後1週間くらいは顔を近づけると
ほんのり鳥臭(小鳥を飼っていた方はわかるかも?ちょっと粘土っぽいにおいです)
がしていましたが、外に干したり風にあてたりなんだかんだしているうちに
全く気にならなくなりました。

 

睡眠時間が快適だと本当に幸せなので、余裕ができたら
家族分も買い足そうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください